現在のページ
TOP の下位の
活動内容・報告 の下位の
関東ブロック の
2018年07月17日

活動内容・報告

関東ブロック

2018年07月17日

関東ブロック主催 夏雲の集い2018 報告

日時
2018年7月7日(土)
場所
日本基督教団銀座教会大礼拝堂
関東ブロック主催 夏雲の集い2018  報告

 7月7日(土)、銀座教会で関東ブロック主催の原爆死没者追悼礼拝の集会「夏雲の集
い」が行われました。折しも前日から広島各地で大雨の災害が伝えられ、家族や友人
知人の状況が案じられるなかでの集いとなりました。
 第1部の追悼礼拝では高橋潤牧師から赦しと癒しをテーマにお話を頂きました。原
爆で亡くなられた先輩方も現代に生きている我々もイエス様の元で赦しと癒しをいた
だいているということを気付かされる時間でした。
 第2部は中国新聞論説委員で日本政府による被爆者援護問題や世界の被爆者の実
態、被爆の記憶の継承などの取材をしてこられた森田裕美さん(高校44回)の講演が
予定されていましたが、大雨の影響で上京が叶わず、急遽、ニューヨークから一時帰
国され今回の夏雲の集いに参加されることになっていた竹内道子さん(高校26回)にお
話をして頂きました。竹内さんはアメリカ在住40年で、現地で会社を設立され、日米
の架け橋になるような様々なプロジェクトに携わってこられました。2010年に国連
NGO、Youth Arts New York/Hibakusha Stories にボランティアとして参加され、
サーロー節子さんと出会われました。2015年より自主企画にてサーロー節子さんの半
生と活動のドキュメンタリー"A Vow From the Ruins"「廃墟からの誓い」を製作され
ています。竹内さんがどのようにしてこの活動に携わることになったか、サーロー節
子さんとの出会いを含め、時にはユーモアを交えて楽しくお話くださいました。サー
ロー節子さんと被爆証言の活動を続ける山田玲子さんも一緒に来られてスピーチをし
てくださいました。
 ご高齢になられ国内外での証言活動の機会が少なくなる被爆者の方々から被爆二
世、三世がこの活動をどのように引き継いでいくのか真剣に考えなければならない時
期になりました。二度と核兵器の悲劇を起こさないために、核兵器ない世界への歩み
を止めるわけにはいかない。この決意を原爆で亡くなられた先輩の方々への誓いとし
て、私たち一人一人が出来ることをやっていこうと改めて心に刻みました。
 竹内さんとは30年振りの再会を抱き合って喜びました。純粋でナイーブで心揺れ動
く学生時代に広島女学院で過ごした時間は年を重ねるごとに一層かけがえのないもの
になりました。空白の年月はすぐに吹っ飛んで楽しかった思い出を共有することがで
きました。

 中村 元子(村上/高26、文英8)

  • 関東ブロック主催 夏雲の集い2018  報告
  • 関東ブロック主催 夏雲の集い2018  報告
  • 前のページへ戻る

インフォメーション

広島女学院同窓会

[本部事務局]
〒730-0014
広島市中区上幟町11-32
月~金曜日/10:00~16:00
Tel&Fax : 082-221-1059

関連リンク

  • ページのトップへ戻る