現在のページ
TOP の下位の
同窓会について の
Miss.ゲーンスと同窓生の歌

同窓会について

Miss.ゲーンスと同窓生の歌

広島女学院校母 ナニ・B・ゲーンス先生について

ナニ・B・ゲーンス先生
広島女学院校母
ナニ・B・ゲーンス先生

初代校長(校母)N.B.ゲーンス先生は、1860年アメリカ合衆国ケンタッキー州にてお生まれになりました。
広島女学院は1886年(明治19年)「広島女学会」として砂本 貞吉氏により開校後、「広島英和女学校」に改名されました。
ゲーンス先生は、1887年W.R.ランバス夫妻の中国伝道の報告に感動され、日本への宣教師派遣要請に応えることを決意され、10月にアメリカ南メソヂスト監督教会からの宣教師として「広島英和女学校」に着任され、校長となられました。
生涯を広島女学院のために捧げ、1932年2月26日に広島女学院名誉院長として、学院内ゲーンス館において召天され、現在は広島市南区の比治山墓地に眠っていらっしゃいます。

広島女学院同窓生の歌

広島女学院同窓生の歌「どんなに時が流れても」は、2003年ホームカミングデーでクワイヤアイリスにより初演された際、ライブ録音されたものが、お聴きいただけます。

再生ボタンをクリックすると再生が始まります

どんなに時が流れても 作詞 井野口 慧子(高校14回生) 作曲 岡田 陽子(高校41回生)
1 はるかな海へ 旅立つ船 愛と勇気 それがはじまり わすれまい ─ どんなに時が流れても どんなにさびしい野辺でも
ゲーンス ゲーンス わたしも あなたに続く 一粒の種 クム デオ ラボラムス クム デオ ラボラムス 一粒の種
2 はるかな道へ 向かう今日 愛と祈り それがはじまり 信じよう ─ どんなに時が流れても どんなにけわしい山路でも
ゲーンス ゲーンス わたしも あなたに連なる きらめく星 クム デオ ラボラムス クム デオ ラボラムス きらめく星

(注1)1887年9月1日、ゲーンス先生、27歳の時にサンフランシスコ出航、日本に向かう。
(注2)「さびしい野辺 けわしい山路」はゲーンス先生の愛唱歌・讃美歌294より
(注3)ラテン語の「クム デオ ラボラムス(我らは神と共に働くものなり)」は標語


インフォメーション

広島女学院同窓会

[本部事務局]
〒730-0014
広島市中区上幟町11-32
月〜金曜日/10:00〜16:00
Tel&Fax : 082-221-1059

関連リンク

  • ページのトップへ戻る